三条市 産婦人科 茅原クリニック 「安らかな良いお産と女性のためのプライマリーケア…皆様のご要望に応じられるように今後とも創意工夫・努力精進を、重ねてまいります。」
ごあいさつ こんにちは赤ちゃん 診療のご案内 入院費 院内マップ
院長紹介 スタッフ紹介 スタディ”ママの強い味方” 里帰り分娩希望の方へ Q&A 母親教室のご案内
当クリニックの歩み 院長の医学エッセー集 助産師なんでも相談室 予定表
リンク お問い合わせ 患者様の声
               
 トップページ > インフルエンザワクチン接種のすすめ

   
 インフルエンザは発熱や咳などを主とした呼吸器感染症の一種で、12月から3月を中心とした冬季に流行を起こします。インフルエンザの予防にはワクチンが有効です。インフルエンザワクチンの発症予防効果は、約70〜80%と発症を確実に予防するものではありませんが、肺炎等の重症化への進展を阻止することが知られています。ワクチンは接種後少なくとも2週間たたないと効力が発揮されないので、ワクチンの接種は本格的な流行が始まる前の12月中旬ごろまでに終えておくことが大切です。
 
 
 
■ワクチン接種の時期:
   10月頃より接種可能予定  ワクチンなくなり次第終了
*予約が必要です。
詳細は後日掲載いたします。


■ワクチンの接種料金: ¥3,150 ― (税込み)
自由診療の為、保険が利きません。

 
■特にワクチンをおすすめする方
ハイリスク群:@妊婦(妊娠中の方は特におすすめします。妊娠初期の方は妊娠12週までお待ち下さい。)A授乳中の方もおすすめします。 B50歳以上(65歳以上は法定接種)C施設入所者 D基礎疾患を持つ小児及び成人(気管支喘息・肺気腫・心疾患・糖尿病等) E乳幼児、特に、6〜23ケ月の乳幼児
■ワクチンを受ける際の注意:重症の卵アレルギーの人、以前にインフルエンザワクチンによるアレルギー反応その他の問題のあった人は受けられませんので、ご注意下さい。
  *15歳未満のお子様は、小児科にて接種をお願い致します。

 妊婦への薬剤投与には、細心の注意が必要であり、「ご法度」の薬剤も多い。しかし一方で、リスクが高いと考えられがちな薬剤であっても、実際には、胎児への影響が明らかでなく、メリットの方が大きい例もある。
 その一例が、インフルエンザワクチンの接種だ。日本では、妊婦に対する接種はほとんど実施されていない......

(→続きを読む)

| ホームへ戻る |

 
サイトのご利用にあたってプライバシーポリシー 医療法人社団 産婦人科 茅原クリニック