三条市 産婦人科 茅原クリニック 「安らかな良いお産と女性のためのプライマリーケア…皆様のご要望に応じられるように今後とも創意工夫・努力精進を、重ねてまいります。」
ごあいさつ こんにちは赤ちゃん 診療のご案内 入院費 院内マップ
院長紹介 スタッフ紹介 スタディ”ママの強い味方” 里帰り分娩希望の方へ Q&A 母親教室のご案内
当クリニックの歩み 院長の医学エッセー集 助産師なんでも相談室 予定表
リンク お問い合わせ 患者様の声
               
 トップページ > スタディ”ママの強い味方”


第10回 つわりの対処法




つわりは軽い方も含めれば、約9割の方にでます。
妊娠初期は月経が止まったことを除くとご本人でさえ妊娠している実感が湧いてきません。ところが、実際は妊娠初期は、流産の危険性も妊娠中期以降より高いですし、決して無理をしてはいけない時期です。つわりは、そんなおかあさんへ赤ちゃんが「決して無理しないでね。」というメッセージなのです。
規則正しくバランスの取れた食生活はとても大切ですが、妊娠初期のつわりの時期は、
「偏食しても構わない。好き嫌いをいっても許される。好きな時に食べられるものを頂く。」
ということが許される極めて特殊な時期なのです。一言で言えば食べ物のわがままを言ってよいのです。これがつわりを乗り切るための一番簡単な方法です。飲み物は何でも結構です。栄養ドリンクや各種の清涼飲料は妊娠中に飲む必要は無い物ですが、つわりの時期だけは飲めるものなら何でも構いません。(勿論、アルコールはだめです。)水分をしっかりとっておれば大丈夫です。一時的にカロリーが不足したり栄養に偏りがあっても、おなかの赤ちゃんは全く心配ないということを知っておいて下さい。
それでも、どんどん体重が減っていくとか、仕事も、家事もできずに寝たきりに近い状況になったなどの場合は、治療が必要です。当クリニックでよく使う方法は、まず漢方薬、そして、輸液(水分とビタミン剤の補給点滴)です。それでもたいへんな場合は入院安静にして大量の輸液療法が必要になる方もあります。しかし、たいていは妊娠週数が進むと共に自然に楽になるものですからあまり心配なさることはありません。




 



そら豆とアスパラのサラダ

▼過去のレシピもご覧下さい▼

1.茅原クリニックのヘルシーつくね♪
2.イソフラボンたっぷりの豆乳のクリーミースープ
3.プティトマトのシロップ漬け(デザート)
4.きのこたっぷりホイル焼き&かぼちゃのチーズコロッケ
5.ひき肉といんげんのしのだ巻き煮
6.チョコスフレ
7.豚肉の大葉チーズ巻き
8.ひなまつりメニュー
9.キャベツとツナのパスタ
 
| ホームへ戻る |
 

第1回 妊娠中の栄養と食事
第2回 つわりのころの食事
第3回 貧血を予防しましょう
第4回 カルシウムを摂りましょう
第5回 妊娠中毒症を予防しましょう
第6回 肥満を予防しましょう
第7回 食事の注意のまとめ
第8回 カロリー計算について
第9回 食生活Q&A
第10回 つわりの対処法
第11回 仕事・家事について
第12回 性生活について
第13回 旅行について
第14回 妊娠中のくすり・他科受診について
第15回 アトピーなどのアレルギーについて
第16回 時間外に緊急受診するコツ
第17回 妊娠と美容
第18回 お母さんの口腔衛生について
第19回 妊娠体操
第20回 こんなことにも気をつけて

第21回 マタニティー・ヨーガへのお誘い
第22回 マタニティースイミングのすすめ
第23回 マタニティエクササズ<産前>&アフターエクササイズ<産後>

 

 
サイトのご利用にあたってプライバシーポリシー 医療法人社団 産婦人科 茅原クリニック