三条市 産婦人科 茅原クリニック 「安らかな良いお産と女性のためのプライマリーケア…皆様のご要望に応じられるように今後とも創意工夫・努力精進を、重ねてまいります。」
ごあいさつ こんにちは赤ちゃん 診療のご案内 入院費 院内マップ
院長紹介 スタッフ紹介 スタディ”ママの強い味方” 里帰り分娩希望の方へ Q&A 母親教室のご案内
当クリニックの歩み 院長の医学エッセー集 助産師なんでも相談室 予定表
リンク お問い合わせ 患者様の声
               
 トップページ > スタディ”ママの強い味方”


第17回 妊娠と美容


 一般に、妊娠をしたのだから化粧をしない方がよいという風潮がないわけではありません。しかし、化粧は単に皮膚を保護したり、飾ったりすることだけではなく、五感を通してこころに働きかけ、その快適な感情が脳や神経系に影響し、免疫系を活発にするといわれています。さらに、鏡に向かって自分自身と向き合うスキンケアは自分の時間を取り戻す契機にもなり、自らを慈しむ「いやし」の効果もあります。気疲れの多い妊娠・出産・育児の時期には、「いやし」につながるスキンケアをすることはとても大切なことです。
 また、化粧には、容姿を自分の望む方向に変化させ、他人に向かって自分を演出することにより、自信が持って社会に適応し、自分と社会の関係を調節する「はげみ」の効果もあります。自身が生まれることによって、さらに内面の美しさが引き出されてくるのです。そして、心身ともに健康であってはじめて、その美しいこころを次世代に伝えてゆくことができるのです。是非このパンフレットを通じて、妊娠して肌荒れが気になるからスキンケアをするという消極的な考え方ではなく、「いやし」と「はげみ」という積極的な意味でのスキンケアに関心を持っていただければと思います。
 
 妊娠をするといろいろな皮膚の変化が現れます。どのような変化が現れるのか、またそんなとき、どうしたらよいのかについてお話します。

 妊娠jすると顔の一部、乳首やその回り、外陰部、わきの下、おなかや手術の傷あとのある人は、その部分がだんだん濃い色に着色していきます。今まであったシミやソバカスは色が濃くなり、日光に過敏になることもあります。メラニン色素が沈着するのですが、お産が終わると少しずつうすくなります。
 顔のシミは、ほほに左右対称に見られることがあります。これも分娩ご数ヶ月でうすくなり、特に治療はいりません。

 妊娠の後半期には、乳房、腹壁、太腿、陰部、おしりに皮下脂肪組織が増えてきます。
 妊娠後半期には子宮によって腹部大静脈が圧迫されたり、ホルモンの分泌より下肢のむくみが現れたり、血液の流れが悪くなって下肢の静脈瘤が見られることがあります。下肢静脈瘤はお産のたびに少しずつ悪くなります。椅子に座っているときは、なるべく足をあげる姿勢をとり、寝るときは座ぶとんをしいて下腿を持ち上げるようにします。妊娠中毒症ではむくみが出ることがありますので、むくみが出た場合には次の健診を待たずに早めに外来を受診しましょう。
 妊娠をすると皮下脂肪が増え、皮膚は急速に引き延ばされます。しかし、表面の皮は硬いので皮下組織の急速な伸びに追いつかずにさけて亀裂が生じます。これが妊娠線で、できる部位はおなかがほとんどですが、乳房にも見られます。
 妊娠線を完全に防ぐことはできませんが、なるべく少なくしたいときには、次のような方法があります。

@妊娠後半期に急な体重増加をしないこと。急に太ると腹壁が伸びて妊娠線はできやすくなります。
A妊娠線のできやすい部位の皮膚にうるおいを与えて伸びやすくします。表皮は乾燥するときれやす
  く、妊娠線ができやすくなるのです。
B皮膚マッサージクリームを用いて妊娠16〜17週頃から1日2回朝夕、腹部、腰部、殿部、太腿、乳房
  にすり込むようにスキンマッサージをする。まめな手入れが必要です。
 
  体質によって合わない方もいますので注意が必要です。体質にあったクリームを使用して下さい。
 
お腹の中心から外側に向かって手のひら全体でゆっくり10回ほどなでます。
下腹部から上腹部に向かって手のひら全体でゆっくりと、10回ほどなでます。
おへその周りを時計回りに手のひら全体を使って10回ほどなでます。

 

 



ふろふき大根

▼過去のレシピもご覧下さい▼

1.茅原クリニックのヘルシーつくね♪
2.イソフラボンたっぷりの豆乳のクリーミースープ
3.プティトマトのシロップ漬け(デザート)
4.きのこたっぷりホイル焼き&かぼちゃのチーズコロッケ
5.ひき肉といんげんのしのだ巻き煮
6.チョコスフレ
7.豚肉の大葉チーズ巻き
8.ひなまつりメニュー
9.キャベツとツナのパスタ
10.そら豆とアスパラのサラダ
11. 七夕メニューのご紹介
12. うなたまちらし&味噌汁
13.さんまの香草焼
14.白菜と油揚げのカリカリサラダ
15.きのこのバターピラフ&豚肉のソテーマスタードソース
16.鮭のチャンチャン焼き
17.ふろふき大根
 
| ホームへ戻る |
 

第1回 妊娠中の栄養と食事
第2回 つわりのころの食事
第3回 貧血を予防しましょう
第4回 カルシウムを摂りましょう
第5回 妊娠中毒症を予防しましょう
第6回 肥満を予防しましょう
第7回 食事の注意のまとめ
第8回 カロリー計算について
第9回 食生活Q&A
第10回 つわりの対処法
第11回 仕事・家事について
第12回 性生活について
第13回 旅行について
第14回 妊娠中のくすり・他科受診について
第15回 アトピーなどのアレルギーについて
第16回 時間外に緊急受診するコツ
第17回 妊娠と美容
第18回 お母さんの口腔衛生について
第19回 妊娠体操
第20回 こんなことにも気をつけて

第21回 マタニティー・ヨーガへのお誘い
第22回 マタニティースイミングのすすめ
第23回 マタニティエクササズ<産前>&アフターエクササイズ<産後>


サイトのご利用にあたってプライバシーポリシー 医療法人社団 産婦人科 茅原クリニック