三条市 産婦人科 茅原クリニック 「安らかな良いお産と女性のためのプライマリーケア…皆様のご要望に応じられるように今後とも創意工夫・努力精進を、重ねてまいります。」
ごあいさつ こんにちは赤ちゃん 診療のご案内 入院費 院内マップ
院長紹介 スタッフ紹介 スタディ”ママの強い味方” 里帰り分娩希望の方へ Q&A 母親教室のご案内
当クリニックの歩み 院長の医学エッセー集 助産師なんでも相談室 予定表
リンク お問い合わせ 患者様の声
               
 トップページ > スタディ”ママの強い味方”


第18回 お母さんの口腔衛生について


 
昔は、妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られて、お母さんの歯が悪くなるといわれましたが、現在では赤ちゃんのせいではなく、妊娠による口に中の環境の変化や清掃不良によるものが原因とわかっています。
 生まれてくる赤ちゃんの歯はお母さんのお腹にいるころからつくられはじめます。
歯とお口の健康をこころがけましょう。
1. つわりなどの為に歯磨きができない。
2. 動くのが面倒な為歯磨きできない。
3. 食事や間食の回数が増えて口の中がいつも汚れている。
4. 唾液が粘りやすくなって歯垢がつきやすい。
 
 
 
1. バランス良く栄養をとること
2. 歯と歯茎を清潔にして健康をたもつこと
3. 妊娠したら歯の健診をうけること
特に出産が近くなってからでは歯が痛んでも思うような治療が受けれません。
妊娠5ヶ月〜7ヶ月の間に虫歯の治療、歯垢の除去などを受けましょう。
 
 
 
 
1. 食後が効果的ですが、つらい時を避けたい腸の良い時にしましょう。
2. 奥から前へかきだして磨きましょう。
3. 歯磨き粉はつけなくてもよいです。つける場合も香料の強くないものを選びましょう。
4. 歯ブラシのヘッドは小さいもの選びましょう。
5.

嘔気が激しいときは、水だけのうがいでも効果はあります。うがい薬を使用したほうがミントの爽快感もありより効果的です。

 
 
 
 
歯ブラシはヘッドが小さ目のものの方が奥まで届きやすい。
歯ブラシはペンホルダー(ペンの持ち方)で把持すると、力がコントロールしやすい。
歯ブラシの毛先を歯の面に直角にあてる。
毛先が折れ曲がらない程度の軽い力(200g程度)力が入りすぎると、毛先が曲がって、歯面にうまくあたらず、プラークが除去しにくくなる。歯や歯肉を傷つけることもあるので、要注意。

小さく、振動する。歯ブラシの毛先が前後左右に移動しない程度の振動。
10回ずつ歯ブラシの当て方を確認しながら、1ヶ所3〜4 回繰り返す。

※1ヶ所30〜40回振動する。

 

 

 



白菜と豚肉のスープ煮

▼過去のレシピもご覧下さい▼

1.茅原クリニックのヘルシーつくね♪
2.イソフラボンたっぷりの豆乳のクリーミースープ
3.プティトマトのシロップ漬け(デザート)
4.きのこたっぷりホイル焼き&かぼちゃのチーズコロッケ
5.ひき肉といんげんのしのだ巻き煮
6.チョコスフレ
7.豚肉の大葉チーズ巻き
8.ひなまつりメニュー
9.キャベツとツナのパスタ
10.そら豆とアスパラのサラダ
11. 七夕メニューのご紹介
12. うなたまちらし&味噌汁
13.さんまの香草焼
14.白菜と油揚げのカリカリサラダ
15.きのこのバターピラフ&豚肉のソテーマスタードソース
16.鮭のチャンチャン焼き
17.ふろふき大根
 
| ホームへ戻る |
 

第1回 妊娠中の栄養と食事
第2回 つわりのころの食事
第3回 貧血を予防しましょう
第4回 カルシウムを摂りましょう
第5回 妊娠中毒症を予防しましょう
第6回 肥満を予防しましょう
第7回 食事の注意のまとめ
第8回 カロリー計算について
第9回 食生活Q&A
第10回 つわりの対処法
第11回 仕事・家事について
第12回 性生活について
第13回 旅行について
第14回 妊娠中のくすり・他科受診について
第15回 アトピーなどのアレルギーについて
第16回 時間外に緊急受診するコツ
第17回 妊娠と美容
第18回 お母さんの口腔衛生について
第19回 妊娠体操
第20回 こんなことにも気をつけて

第21回 マタニティー・ヨーガへのお誘い
第22回 マタニティースイミングのすすめ
第23回 マタニティエクササズ<産前>&アフターエクササイズ<産後>


サイトのご利用にあたってプライバシーポリシー 医療法人社団 産婦人科 茅原クリニック